四ツ谷 ポルトガル料理 「マヌエル」でランチ

とある土曜日、以前にお世話になっていた会社の先輩達と迎賓館赤坂離宮のガイドツアーに参加するため、四ツ谷へ行きました。

見学の前にランチをしようということで、先輩が選んだポルトガル料理のお店へ行ってみました。



マヌエル 四ツ谷店

お店は、私達が利用したJR四ツ谷駅の麹町口から徒歩5分ほど。
この国旗が目印で、階段を下りるとお店の入口があります。





店内はこのような雰囲気です。私達は開店後すぐに入店したので店内は空いていましたが、この30分後くらいにはほぼ満席になっていました。





ランチメニューです。
ランチにはサラダと前菜・スープ・メイン料理・パン・デザート・ドリンクが付いています。



サラダと前菜はビュッフェスタイル、メイン料理とデザートはメニューの中から好きなものを選ぶことができます。



こちらがサラダと前菜のビュッフェ
種類が豊富です。お魚やお肉を使った前菜もあるので満足度が高いと思います。



私の1皿目はこんな感じで、ちょっと控えめに盛りました。





スープは、甘みのある南瓜のポタージュ。量は少なめです。





パン





メイン料理は7種類の中から選びます。一部のお料理は追加料金が必要なので、ランチ価格が変わってきます。

先輩が選んだメイン料理は本日のお魚料理
魚の種類は忘れましたが、濃厚なクリームソースをたっぷり使ったお料理でした。玉葱の下に魚が隠れています。




別の先輩が選んだのは海の幸のカタプラーナ
銅鍋(カタプラーナ鍋)を使って魚介を蒸し煮したものです。スープには海老・ムール貝・タラ・小イカなどの魚介エキスがたっぷり♪
先輩にはちょっと塩分が高めだなと感じだそうです。




私は鶏もも肉と野菜のフェジョアーダ
鶏もも肉と白インゲン豆の煮込み料理で、ポルトガルの家庭料理だそうです。



煮込まれた鶏肉はとてもやわらかく、白インゲン豆の他にも刻んだ野菜がたくさん入っていました。美味しいのですが、私にはちょっと塩気が強いなぁと感じました。





食後のドリンクはコーヒーか紅茶を選びます。
私達はコーヒーを選びました。





デザートは3種類の中から選びます。

先輩達が選んだのはパステル デ ナタ
ポルトガル独特の折り方をしたパイ生地にたっぷりの卵黄を使ったクリームを入れて焼いたもので、ポルトガルで人気のお菓子だそうです。
少し味見したのですが、ほど良い甘さの温かいデザートでした。



私が選んだのはパォン デ ロー
カステラの原型と考えられているポルトガルの伝統菓子だそうです。こちらのお店のパォンデローはポルトガル中部のリヴァテージョ地方のもので、中が半熟でした。



ポルトガル料理を食べたのは今回が初めてです。自分では絶対に選ばないジャンルのお店に連れて行ってくれた先輩に感謝しながら、美味しくいただきました。
ごちそう様でした!



マヌエル 四ツ谷店
住所:東京都千代田区六番町11-7
住所:アークスアトリウム B1階
営業時間:
[ランチ]
平日  11:30~14:00(L.O. 14:00)
土日祝 11:30~14:30(L.O. 14:30)
[ディナー] 
平日  18:00 ~ 21:30(L.O. 21:30)
土日祝 18:00 ~ 21:00(L.O. 21:00)
定休日:年末年始など

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示