横浜・白楽 日本のアイスクリーム 『Nihon no Icecream Tsubomi (つぼみ)』

先日、以前から食べたかったアイスクリームのお店へ連れて行ってもらいました

 
こちらのアイスクリームは手土産としても人気で、主人の勤務先ではわざわざ買いに来ることもあるとのこと。この日は雨が降る肌寒い日でしたが、食べてきました
 
 
Nihon no Icecream Tsubomi
(日本のアイスクリーム つぼみ)
 
今年はオープン8周年
 全品100円引きのようです。


 
お店は、東急東横線 白楽駅または東白楽駅から徒歩約7分。
 
六角橋商店街からも近く、あのサリサリカリーと同じ通りにあります。昨年サリサリカリーを訪問した時はうっかりしてこちらのお店に寄るのを忘れていました。


 
まず、2月現在の営業時間と定休日についてご紹介します。食べログの情報とは異なるのでご注意ください。


 
こちらのお店は、全国の老舗料亭や高級料亭などでデザートとして利用されている「京開花」の業務用アイスクリームを店頭販売する第1号店
 
天然素材にこだわり、香料や着色料には頼らずに丁寧に作られたアイスクリームです。


 
カップのアイスクリームのサイズです。
レギュラーは2種類のアイス、ラージは3種類のアイスを選べます。お土産用のビッグサイズもありますよ
 
※照明が反射して見えにくいですね。すみません


 
さらに、こちらのお店で人気なのはもなかアイスクリームです。
最中は、選び抜いたもち米「大正もち」を100%使用していて、もち米の甘さや芳醇な香りが楽しめるそうです。
大正もちとの相性を考え、最中のアイスは10種類に限定しているとのこと。

※屋外の看板のため景色が映り込んでしまいました

 
 
 
訪問時はショーケースに20種類のアイスクリームがありました。
栗甘露すだちそば茶など、珍しい和風のアイスもありますよ





 
私は、レギュラーカップで、苺ミルフィーユとバニラを選択しました。
初めてのお店なので、バニラは絶対に食べておかなくては…と思いました
 
お店の脇(屋外)に椅子がいくつかありますが、寒いので車の中で頂きました。
 
苺ミルフィーユバニラ
※後ろに見える2本の黒い物はスプーンです。


 
バニラは、他店にはない上品な甘さで、日本のバニラアイスという印象です。甘さ控えめですが物足りないという事はなく、素直に美味しいと思える味でした。舌触りがとてもなめらかなのも良いですね。
 
かわいいウサギさんがこちらを見ているようです


 
苺ミルフィーユには、もちろん苺も入っており、苺本来の味が楽しめます。
洋風な味ですが、上品な甘さと香りからはやはり日本のアイスクリームという印象を持ちました。


 
とても美味しくいただきました
ごちそう様でした。
 
魅力的な味が揃ったアイスクリームショップでした。次回はもなかアイスも食べてみたいです。
 

 
 
Nihon no Icecream Tsubomi
(日本のアイスクリーム つぼみ)
住所:横浜市神奈川区斎藤分町2-7
最寄駅:東急東横線 白楽駅または東白楽駅徒歩約7分
営業時間と定休日(2月現在):
月~土 11:00~18:00/日・祝休み

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示