川崎・幸町 石臼挽き蕎麦 『満留賀(まるか)』のきざみ鴨せいろ

先週の土曜日のことです。
夜に東神奈川のキッチン10423さんを初訪問して美味しい洋食をいただきましたが、実はこの日のランチでも美味しいものに出会いました。
 
お昼に蕎麦が食べたいという主人のために「いつか行ってみたいリスト」の中から選んだのがこちらのお店です。
 
 
幸町 満留賀(まるか)
 
以前にノブさんがこちらのお店で召し上がっていた「きざみ鴨せいろ」がとても美味しそうだったので行ってみたいと思っていました。

 
店名は「まるが」ではなくて「まるか」と読むのですね。

 
ガラスに景色が写りこんで見づらいのですが、店頭には石臼がありました。左奥には湿度計のような物も見えます。

 
この日は車で訪問したため、2人とも蕎麦茶をいただきました。

 
これは入口を入って左側のあたり。右側にもテーブルがいくつかありました。店内は禁煙です。

 
私はこれを食べると最初から決めていました。

 
主人はこちらに決めました。
「せいろ」と「かけ」を両方楽しめ、さらに好きな方をもう1回おかわりできるという土曜・祝日限定のメニューです。
 
メニューにはお店のこだわりが紹介されているページもありましたよ。
そば粉は石臼挽き、製粉後1晩寝かせて蕎麦を打つ、蕎麦には神秘の水・屋久島縄文水を使用、そば汁には鰹節・鯖節・宗田節の3種類を使用など…。
 
 
 
きざみ鴨せいろ
蕎麦は2段になっています。
 
少しアップで。

 
つけ汁は鴨の旨みと脂がたっぷり。すごく美味しい

この器は特注で焼いた瀬戸焼きの器で、口を狭くすることで汁の上部に鴨脂の層が厚くでき、蕎麦と鴨脂が最大限に絡むようにしているそうです。
 
きざんだ鴨肉もたっぷり入っていましたよ。

大満足の味わいでした
 
 
こちらは主人が注文した
しあわせ三昧
「せいろ」と「かけ」のどちらを先に食べるかをお店の方に聞かれたので「かけ→せいろ」の順でお願いしました。

 
薬味は葱、大根おろし、わさびです。

 
天ぷらはもちろん揚げたて
7種類あり、大きな海老天・人参・蓮根・ヤングコーンなど(メモしていなかったので忘れてしまいました)。後ろに隠れている緑色の野菜はシシトウだったのかな? かなり大きなサイズでした。

 
タイミングを見計らって、次の「せいろ」が運ばれてきました。

 
そして、おかわりも「せいろ」でお願いしました。

 
最後に蕎麦湯をいただいて~。
 
とても美味しくいただきました
ごちそう様でした。
 
満留賀さんは人気店ということでランチタイムをはずして訪問したので、土曜日でもゆっくりお食事ができました。
 
 
 
幸町 満留賀(まるか)
住所: 川崎市幸区幸町2-680
営業時間:
平日  11:00~14:00/17:30~20:30
土曜  11:00~20:00
定休日: 日曜・第3月曜
駐車場: 周辺に有料駐車場があります。
駐車場: 私達はソリッドスクエアを利用しました。

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示