小田原市風祭 千世倭樓(ちょうわろう)の 「そば 美蔵」でランチ

先週の日曜日、伊豆から帰る途中で箱根を通過した時にこちらへ寄ってみました。
 
千世倭樓 (ちょうわろう)
 


 
千世倭樓と書いて「ちょうわろう」と読みます。
 
箱根に行く時には必ず目にする場所ですね。
「鈴廣かまぼこの里」の中にある施設の1つで、鈴廣蒲鉾本店さんの向かいにあります。
 
「合掌造りの離れ」 「書院造りの母屋」 「総漆塗りの土蔵」からなるお食事処です。
※画像は千世倭樓さんのHPからお借りしました。
 


 
その中に4つのお店があります。
 会席 大清水
 旬の割烹 潮の音
 茶房 しゃざ
 そば 美蔵
 
 
私達は蕎麦を食べることにしました。
 
そば 美蔵 (みくら)
 


 
店内入口です。
重厚な扉ですね。もとは貴重品の倉庫として使われたいた土蔵だそうです。


 
店内から入口の方を撮影してみました。
中は総漆塗りになっていて、国の登録文化財にも指定されているそうです。


 
こちらがメニューです。
クリックすると拡大出来ます。


 
お店のパンフレットによると
『そば粉は、北海道雨竜郡深川産。旨みが増すよう、石臼で丁寧にゆっくりと挽いた自家製そば。水は、鈴廣がかまぼこづくりに使い続ける名水「箱根百年水」』だそうです。
 
いただいたメニューをささーっとご紹介します。
 


 
「みなさんでお使いください」と提供された黒七味です。誰も使用しませんでした。


 
 
吹き寄せそば
女性に人気のあるメニューということで、母が注文しました。葱、大根おろし、海苔などがのっています。つゆをかけていただきました。


 
辛味おろしそば
兄と主人が注文。辛味おろしと普通のおろしが付いています。辛味大根の方は、思ったほど辛味がなく、物足りない感じだったそうです。


 
更科系の白いそばです。(田舎そばのメニューもありまよ)


 
山かけそば
私が注文しました。とろろがたっぷりかかっているので、想像以上に食べ応えがありました。黄身が付いているとうれしいな~と思ったりして…。





 
そば湯
白濁したとろみのあるタイプでした。

 
ごちそう様でした
落ち着きのある雰囲気で、華麗さのある空間でしたよ。
 

 
千世倭樓 そば 美蔵
住所:神奈川県小田原市風祭50
TEL:0465-24-3456(千世倭樓受付)
営業時間:11:00~17:00
営業時間:※ラストオーダー16:00

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示