横浜・野毛  〆そば『千花庵(ちはなあん)』

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日の野毛呑みの続きです。
 
1軒目「てづか」で美味しいお料理を堪能し、2軒目「串揚げとワイン はち」では串揚げとスパークリンを楽しみました。
 
そして、〆はこちらのお店へ~。
 
千花庵 野毛店
(ちはなあん)
 
提灯には〆そばと書いてありますね。
後で知ったのですが、鎌倉市西御門にある千花庵」の支店だそうです。





 
実はこちらのお店、見ず知らずのおじ様のオススメです(笑)
 
お店の前にある看板を私達が見ていると、通りかかったおじ様が「ここオススメだよ、行ってみて」と声をかけてくれました。
ではでは…とお店をのぞくと、ちょうど席が空いたところだったので入ってみました。
 
店内は細長く、カウンター席が中心で、席数は12席ほど。テーブル席が1つあるらしいのですが、よく見えませんでした。
 
カウンターにあるドリンクメニューです。
地酒メニューは背後の壁に貼ってありますよ。

 
 
カウンターにあるお料理のメニューです。日替りメニューは別にありますよ。
写真を見て気づいたのですが、花巻そばってなんだろう


 
 
ここは3軒目なので〆そばをいただきましょう。
でもその前に…こちらもね
 
蕎麦湯割り地酒



蕎麦湯割は、とろっとしていてマイルドな口当たりでした。


 
地酒はこちらを選びました。


 
 
お通し
ひじきです。甘みが少ないタイプで、大人の味ですね。


 
 
にしんの佃煮
主人が、かけ蕎麦と一緒に食べたいと言うので注文してみました。
濃厚で甘辛な味だったと記憶しています。


 
 
せいろ(冷)


 
十割そばです。季節によって使用するそば粉が異なるそうです。


 
お店の方からも説明がありましたが、そばつゆは濃いです。つけすぎないように気をつけましょう。


 
塩があったので、使ってみました。
この時はほろ酔いだったので、つゆよりも塩でいただく方が自分好みでした。


 
 
かけ(温)
スプーンが付いているのは女性客を意識しているのかな~。


 
 
そばつゆ
自分好みのとろりとしたタイプです。これが蕎麦湯割に使われているのですね。

 
ごちそう様でした
 
こちらのお店は一品料理がいろいろあるので、まずは飲む、そして〆の蕎麦をいただくという感じで、じっくり滞在する方が多いようです。
最後に入店した私達が誰よりも早くお店を出たのでした。
 

 
千花庵(ちはなあん)
住所: 横浜市中区野毛町1-35
営業時間: 18:00~23:00位
       (蕎麦がなくなり次第終)
定休日: 月曜日
野毛3軒ハシゴ

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示