南青山で、ほっこり和食「猩々 (しょうじょう)」

もう12月下旬ですが、秋に訪問したお店の記事を・・・。

9月末のことですが、久しぶりに夜の都内へ遠征し、和食をいただいてきました。

訪問したお店はこちらです。


猩々

「猩々」と書いて「しょうじょう」と読みます。




お店の住所は南青山で、最寄り駅は銀座線の外苑前駅です。
駅から細い路地へ入って進んで行くと、このような入口が見えてきます。




この入口を入って右に進むと、店内の入口があります。





2階の小さな個室に案内されました。個室と言っても、可動式の壁なので、隣室の声が聞こえます(笑)
※この写真は食後に撮影したものです※





和食なので、日本酒を飲みたい気分♪
[冷酒メニュー] 270ml



[冷や(常温)メニュー]270ml
[燗酒メニュー]180ml




焼酎果実酒などもあります。





この日は、昨年のふるさと納税(佐賀県上峰町)の返礼品でいただいた食事券を使いました。

コースのメニューです。





主人はまず生ビール
お水は日本酒用の和らぎ水です。



最初の日本酒は佐賀県のものを選びました。
鍋島 純米吟醸生





[一ノ皿]
秋茄子南瓜餡かけ 季節の前菜盛合せ




南瓜餡の自然な甘みと秋茄子がよく合います。




右上から時計回りで
秋刀魚の棒寿司きぬかつぎ春菊と菊花のおひたし栗の甘露煮(下の部分は魚のすり身と素麺)。どれも丁寧に作られていました。





[二ノ皿]
松茸穴子椀
とても優しい味のお汁に、松茸と穴子とシメジが入っていました。





[三ノ皿]
本日のお造り盛り合せ
器に入っているのは生湯葉の冷やし餡です。




お刺身は右がハタ、左がシマアジ
お好みで、葛醤油の餡藻塩を使っていただきます。お皿の上に3つある黒いものが葛醤油の餡です。使ってみると、お刺身の脂を逃がさないのでとても美味しく感じました。





お刺身を食べ終わったタイミングで、このような焼き台が準備されました。



[四ノ皿]
佐賀牛サーロインステーキ 季節の野菜焼




薬味は、右からゴールデンライムの胡椒、固形の泡醤油おろしポン酢です。
泡醤油は濃いので、少しずつ使います。ゴールデンライムの胡椒は爽やかな風味がありました。




厚みのある佐賀牛のサーロインは1人4枚。




レアがおすすめだと説明があったので、両面を軽く炙る程度でいただきました。
以前にお他のお店でも佐賀牛をいただきましたが、美味しいお肉ですね。




お肉をいただいている時にお店の方から、最後の釜炊きご飯の準備を始めても良いかどうかの確認がありました。炊きあがるのに30分程かかるということだったので、蒸らし時間なども考慮してこの時点で準備をお願いしました。

またその時に、美味しそうな干物が数種類入った籠を見せていただき「追加料金になりますが、こちらは本日の干物です。ご飯に一緒にいかがですか?」と案内がありました。
籠の中にはキンメダイノドグロヤナギカレイカマスサバが入っていたので、ノドグロを追加で1枚注文しました。



2本目の日本酒は奈良県のもの。
百楽門 純米大吟醸





[五ノ皿]
秋鮭朴葉蒸し





秋鮭に舞茸と栗、そしてひと口サイズのおこわが添えてありました。
蒸したての温かい状態で提供されるのはうれしいですね。





[六ノ皿]
白身魚の巨峰酢
白身魚はヒラメ。巨峰を使った酢を初めていただきましたが、甘すぎることはなく、フルーティーなものでした。





[追加:本日の干物]
追加で注文したノドグロです。1枚だけ注文したので、2つにわけて提供されました。その優しい心遣いのお陰で、喧嘩することなく仲良くいただきました。




勧められて注文した時に価格を確認しなかったのですが、後でメニューを見たら1枚 2000円でした。1枚にしておいて良かった~。改めてノドグロのすごさを実感しました(笑)
脂がのっていて、すごく美味しかったです。




干物とほぼ同時に、釜炊きのご飯が提供されました。



[七ノ皿]
上峰町「さがびより」銀シャリ釜炊きご飯
友一式 赤出汁




「さがびより」というお米です。
写真では分かりづらいのですが、ツヤツヤでふっくらと炊きあがっていて、とても美味しいご飯でした。おこげ部分もしっかりいただきました。




ご飯のおともは塩引き鮭岩のりしらすなど5種類ありました。ご飯がすすむので、2人とも何度かおかわりをして、お釜の中は空になりました。





[八ノ皿]
季節の甘味
最後は洋梨のプリンほうじ茶でした。
もうお腹いっぱいです。


この日は約2時間かけて、ゆっくりとお食事をいただきました。どのお料理も美味しかったです。
こちらのお店はランチタイムも営業していて、予約不要のメニューは1500円で6種類あるようです。ランチの内容も気になりますね。
ごちそう様でした!



猩々(しょうじょう)
住所:東京都港区南青山2-26-9
営業時間:
昼 11:30~14:00(L.O.13:30)
夜 18:00
~23:00(L.O.21:30)
定休日:日曜日

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示