小田原 「株式会社ういろう」の栗ういろう

10月のとある週末に車で箱根へ~。

その帰りに、前から気になっていたお店に寄って、小田原土産を購入しました。


国道1号線沿いにあるお城のような建物、テレビでご覧になったことがありませんか?
(建物が大きすぎて、店頭からは全景写真が撮れませんでした)



小田原城ではありませんよ。




ういろう (店名です)




お店の紙袋にはこのような紹介文が…。
『創業600年 ういろうの本舗、ういろうは、
 全国で、小田原市にあるのみです。』

文字はお菓子のういろうで、文字は外郎家(ういろうけ)の方が経営する株式会社ういろうのことのようです。

お店のパンフレットによると、「ういろう」の登録商標は株式会社ういろうが占有しているそうです。

お菓子の「ういろう」のいわれについては、お店のHPで紹介されています。


ういろうは「白(白砂糖)・抹茶・小豆・黒砂糖・栗」の5種類が販売されていました。

今回購入したのは
ういろう(白) ういろう




商品には人工甘味料や色素や保存料などは一切添加していないとのこと。
なので、賞味期限は長くありません。

お店の方から、賞味期限は未開封の状態で今日から1週間ですと案内がありました。
そして、開封後は2日以内に・・・。




ういろう(白)



ものすごくもっちりしています。顎をしっかりと使うような…そんな食感です。
甘さ控えめですが、お腹にたまるので1度にたくさんは食べられませんでした(笑)




ういろう



小豆ういろうの中に栗が入っています。
白ういろうと比べると、少しだけ柔らかさがあり、食べやすかったです。


今回購入した2本の中では栗ういろうの方が食感も味わいも自分好みでした。抹茶も気になるので、機会があれば食べてみたいなと思います。

※本日はコメント欄をクローズさせていただきます



株式会社ういろう
住所:神奈川県小田原市本町1-13-17
営業時間:
10:00~17:30(4~10月)
10:00~17:00(11~3月)
定休日:水・第3木曜日
通信販売もあります。

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示