新子安 「きしや」 茜霧島で、ちょい飲み

1月のとある土曜日、主人がいつもより早く帰って来たので「まだ間に合うね」ということで新子安の「きしや」さんへちょい飲みに~。



大衆居酒屋割烹 きしや

※店頭写真はこの前週に訪問した時のものです※



前の週の土曜日に霧島のボトルが空になったので霧島のボトルをいれ、その日は開栓せずに帰りました。

そしてこの日、開けようかなと思ったらお店の方が「が入りましたけど、どうしますか~?」と声をかけてくれました。

「ではいただきます」ということで…
霧島は900mlのボトルです。




この日のおすすめメニューはこんな感じでした。
新竹の子焼きが美味しそうですね。




ここでなぜか主人が「まだ食べたことのないメニューを注文しよう」と言い出しまして…。
いつも同じお料理を食べているので違うものも(ブログで)紹介した方がいいよ~と、変な心配をしてくれました(笑)

そしてメニューを見ながら「何にする?」と聞いたところ、「あん肝ははずせないよね」って・・・それはいつも食べているけど

あん肝ぽん酢
私も主人も大好物ですので、やはりこれは…はずせませんでした。




かつお塩辛
これは初オーダー。
鰹の塩辛とろろの組合せです。混ぜていただくと、塩気がちょうど良い感じになります。




かに玉
これも初オーダー。
塩味の餡はわりと濃い味付けで大人の味ですね。お酒によく合います。




豚角煮
これは以前に注文したことがありますが、味がしっかりしみていて、すごくやわらかく仕上がっています。



プルプルっとした脂身部分が美味しそう。




私はすでに自宅で夕飯を済ませていたので、ほとんどお腹に入らず、このあたりで〆ることにしました。


(たぶん)鮭茶漬け
シソと梅も添えられていますが、たぶん鮭茶漬だと…。
いつもなら梅茶漬けを選ぶので、食べたことのない種類を注文したのだと思われます。



ということで、の半分ほどを飲んだところでちょい飲み終了となりました。
ごちそう様でした!



大衆居酒屋割烹 きしや
住所: 横浜市神奈川区子安通2-252
JR/京急線の新子安駅から徒歩約1~2分
営業時間: 16:00~23:00 (L.O. 22:30)
定休日: 日/一部の祝日
備考: 店内全面喫煙可

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示