横浜 「虎屋菓寮」で、美しい生菓子とお抹茶を・・・

とある平日の午後、買い物帰りに大好きなお店でひと休みすることにしました。

2ヶ月ぶりの訪問です。

虎屋菓寮
(とらやかりょう)
 
お店は、そごう横浜店のB2階にあります。
訪問したのは16時頃。
もう少し早い時間だったら店頭の椅子で待っている方が多いだろうと思いますが、この時間は待ち時間なしで入れました。が、店内はほぼ満席でした。

前回は白小倉ぜんざいをいただきました。

今回は季節の生菓子を注文してみましょう。
2種類の生菓子を選び、お抹茶を付けました。

メニューには5、6種類の生菓子がありました。
その中から、この2つをいただきました。

木の花 (このはな)
~商品案内より~
『古今集』の序にみえる「なにはづ(難波津)に咲くやこの花冬ごもり…」の「この花」とは梅の雅称です。紅白のそぼろで、咲き誇る梅を表しています。
きんとん製で、中には小倉餡が入っていました。


寒紅梅 (かんこうばい)
~商品案内より~
梅は「百花の魁(さきがけ)」といわれ、いち早く春を告げる花として、親しまれています。寒さの中に咲く一輪の紅梅をかたどりました。
羊羹製で、中には白小倉餡が入っていました。

形がとても美しい! すばらしい職人技ですね。

季節を感じる和菓子っていいですね。
どちらも上品な甘さでした。最後にお抹茶をいただき、心和むひとときでした♪


虎屋菓寮 (とらやかりょう)
住所: 横浜市西区高島2-18-1
住所: そごう横浜店 B2F
営業時間: 10:00~19:45 (L.O.19:15)
定休日: そごう横浜店に準ずる

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示