北海道・阿寒湖温泉「カムイの湯 ラビスタ阿寒川」 阿寒川をのぞむ展望風呂付デラックストリプル

昨年10月に行った北海道旅行シリーズ第10弾♪

これまでの記事で紹介した知床岬クルーズ「FOX号」、1日目に宿泊したウトロ温泉「北こぶし知床 ホテル&リゾート」、そして各地での食べ歩きについてはこちらをご覧ください。

※本日はコメント欄をクローズさせていただきます※



初日に宿泊した知床を出発し、観光をしながら車で阿寒湖方面へやって来ました。

2泊目の宿泊先はこちら。

カムイの湯 ラビスタ阿寒川

阿寒湖畔からは少し離れ、豊かな森と阿寒川の側に佇む宿です。

HPによると、建物は阿寒摩周国立公園の特別地域内にあるそうです。
20200806a.jpg


温かみのある落ち着いた雰囲気のロビー。
20200806b.jpg

宿のコンセプトは「ただ、川と温泉があるだけの森に。

窓の向こうには手つかずの森が広がり、美しい阿寒川が流れています。
20200806c.jpg


建物には森側の「MORI no SHOU」と阿寒川側の「KAWA no SHOU」があります。
20200806d.jpg


こちらの宿
全ての部屋に温泉の展望風呂が付いているので、美しい自然を眺めながら温泉を楽しむことができます。

宿泊したのは「KAWA no SHOU」。
JTBさんを通して、2人でも利用できるデラックストリプルを予約しました。

デラックストリプル
部屋の広さは43㎡。
トリプルを2人で利用するので、ダブルサイズのベッドはソファー仕様になっていました。
20200806e.jpg


大きなソファー(ベッド)の後ろ側は寝室で、シモンズ製のシングルベッドが2台あります。
20200806f.jpg


窓の向こう側は手つかずの森。
ここに座って景色を眺めていると癒されます♪
20200806g.jpg

眼下には美しい阿寒川が流れています。
20200806h.jpg

ありのままの自然を感じられるように、出来る限り人の手を加えず、建物は地形を活かして建てているそうです。

なので、宿からはこのようなお知らせがありました。
『川で釣りをされる方がホテルの前まで来る場合があります。漁協のご協力を得て立ち入りを制限しておりますが、お気に留めていただきます様お願い致します。』とのこと。
20200806i.jpg


窓側から部屋全体を見るとこのような感じ。木の温かみが溢れるお部屋です。
20200806j.jpg


10月は誕生月だったので、瓶に入ったマリモをいただきました。
20200806k.jpg


大きな窓の左側には温泉が出る展望風呂があります。
部屋側の壁がガラスになっているので中が見えてしまいますが、ブラインドが設置してあるので安心です。
20200806l.jpg


シャワー付きの浴室は明るく、お掃除が行き届いていてきれいです。

(壁にあるのは鏡で、そこに外の景色が映っています)
20200806n.jpg


檜造りの浴槽は2人で入ることができますが、特別大きなサイズというわけではありません。
20200806o.jpg


うれしいことに、部屋の展望
風呂は源泉かけ流しです。
好きな時間に温泉を注ぎ、何度でも入ることができるのはうれしいですね♪
20200806q.jpg


お湯はりはボタンを押せば自動で完了。そしてお湯を足したい時にはこの足し湯ボタンを押します。

20200806p.jpg


浴室の手前が洗面室です。
引き出しの中に一般的なアメニティとドライヤーがありました。化粧水など女性向けのものは特になかったと記憶しています。
20200806r.jpg


クローゼットには上下別のパジャマとガウン、そしてバスタオルなどがありました。
20200806s.jpg


館内にある大浴場へ行く時に使用するカゴの中にもバスタオルなどが用意されていたので、1人2枚のバスタオルを使うことができました。
20200806t.jpg
私達は利用していませんが、館内には男女別の大浴場と露天風呂があり、敷地内の川の畔に湧き出る自家源泉の掛け流しです。また貸切風呂もあり、空いていればいつでも利用できるそうですよ。


これはお茶やコーヒーを淹れるための流し台です。その下には冷蔵庫があります。
20200806u.jpg


冷蔵庫の中には無料のミネラルウォーターと缶ジュースが用意されていました。
20200806v.jpg


お茶菓子と日本茶、そして挽きたてのコーヒーも飲むことができます。
20200806w.jpg


夜になって部屋の照明をおとすと、窓からの眺めが絵画のように見えます。
20200806x.jpg


阿寒川がライトアップされていて美しい♪
森には野生の鹿が生息していますが、このタイミングでは登場してくれませんでした。
20200806y.jpg

とてもステキなお部屋でした!
明日の記事では夕食をご紹介します♪

素材 ブログ村(食べ歩き) 
https://gourmet.blogmura.com/

カムイの湯 ラビスタ阿寒川
住所:北海道釧路市阿寒町オクルシュべ3番

2019年10月北海道旅行

浜雪


横浜を中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の宿・食べ歩きなどもあります。
詳細はカテゴリをご覧くださいませ。


日本ブログ村 グルメブログ 横浜グルメ 神奈川・横浜食べ歩き

ブログ内の検索 (店名や地名など)

[横浜][銀座][箱根][焼肉][温泉]等の単語や店名で検索すると、記事一覧が表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の一部の記事についてはYahoo!ブログからのデータ移行後のメンテナンスが完了していない場合があります。

RSSリンクの表示

[ブログ管理]