味噌ラーメン 「弟子屈ラーメン 総本店」 (北海道川上郡弟子屈町摩周)

昨年10月に行った北海道3泊4日の旅。

これまでの記事で紹介した知床岬クルーズ「FOX号」や知床・ウトロ温泉の宿「北こぶし知床 ホテル&リゾート」等については
こちらをご覧ください。

※本日はコメント欄をクローズさせていただきます※



2日目の朝、北こぶし知床 ホテル&リゾートをチェックアウトした後は知床五湖などを観光して摩周湖方面へ車で移動しました。

その時にふらっと立ち寄ったお店です。

弟子屈味噌ラーメン 弟子屈総本店
(てしかがラーメン)

「弟子屈」は「てしかが」と読みます。お店がある場所が川上郡弟子屈町です。
20200423a.jpg


14時過ぎに訪問したのですが、店内には多くのお客さんがいました。

メニューの一部です。
各スープのこだわりが説明されています。
20200423c.jpg


エゾシカのチャーシューなど、北海道らしいメニューもありました。
20200423b.jpg


主人が注文したのは焼豚味噌ラーメン

20200423g.jpg


大きな豚バラチャーシューが付いています。
チャーシューは1枚ずつ炙って提供しているそうです。
20200423h.jpg


すごくお腹が空いていたので餃子も注文しました。

行者にんにく餃子
10個注文したところ、2皿にわけて提供してくれました。つけダレの好みが主人と異なるので、助かります。
20200423j.jpg


ひと口サイズの餃子です。
行者にんにくの匂いや食感は・・・今となっては思い出せないのですが、皮はパリッと美味しそうに焼き上がっていました。
20200423k.jpg


私は味噌ラーメンを注文してチャーシューを追加することにしました。
主人が注文した「焼豚味噌ラーメン」には豚バラのチャーシューが付いていたので、私は肩ロースの方を選んで食べ比べすることにしました。
20200423d.jpg


弟子屈味噌ラーメン
肩ロースチャーシュー追加
20200423e.jpg

HPによると「脂やニンニクの旨味に頼らない深い味わいは4種類の北海道味噌と出汁のハーモニー。独自に加えたワインや数種類の中華醤などを加え芳醇な深い味わいは、味噌ラーメンの激選区でも大好評。」とのこと。
確かに熱々のスープはニンニクのパンチがきいた刺激的な味噌味ではなく、味わい深いものでした。


角切りのチャーシューは標準で入っているものです。
20200423i.jpg


麺は黄色のちぢれ麺です。
北海道産の小麦を100%使った弟子屈ラーメン専用粉で作っているそうです。
20200423l.jpg


追加で注文した肩ロースのチャーシュー。
かなり大きなサイズのものが2枚で150円でした。これも提供前に炙ったものです。お肉をしっかり食べたという感じのしっかりしたチャーシューでした。
20200423f.jpg

お腹いっぱいになりました。ごちそう様でした。
HPによると、4月18日からはテイクアウトにも対応しているそうです。

素材 ブログ村(食べ歩き) 
https://gourmet.blogmura.com/


弟子屈ラーメン  弟子屈総本店
住所:
北海道川上郡弟子屈町摩周1-1-18
営業時間:11:00~20:00
※現在の営業状況については訪問前にご確認ください。

2019年10月北海道旅行

浜雪


横浜グルメを中心とした神奈川・東京の食べ歩きの記録です。
旅先の温泉宿や食べ歩きもあります。詳細はカテゴリ一覧をご覧くださいませ。

ブログ内の検索

店名、住所の一部、温泉地、メニュー名などで検索すると関連記事が一覧で表示されます。

年・月別 書庫

2017年以前の記事はYahoo!ブログから移行後のメンテナンスが完了していないものがあります。各年をクリックすると月別リストが表示されます。

RSSリンクの表示